形而下の文化史

表象文化史・ジュエリー文化史・装飾文化史

 

トピックス(9)「イシュタル」の表象(3-11)

 

 

「イシュタルの手」の変容(2)

 

 

f:id:blogwakujewelry:20191017210921j:plain

(10)イシュタルの銘入りの円筒印象印影、古バビロニア時代;円筒印章 東京美術

 

バビロニア南部のシュメールで、イシュタルがイナンナに変容されていたBC2,000年頃、バビロニア北部、中部にセム語族(参照)が侵入します。アッカド帝国(BC2,334~2,154),古バビロニア王国(BC2,000年頃、ハンムラビ王・BC1,792~1,750にはメソポタミアを統一)などが打ち立てられた頃、イシュタルの新たな神格が現れます。写真(2)に見られる「生命の樹」を矢羽に見立てた「戦いの女神」の誕生です。

 

f:id:blogwakujewelry:20191017211046j:plain

 (11)イシュタルの円筒印象印影、古バビロニア時代;円筒印章 東京美術

 

この「戦いの女神」の写真では、後にユダヤ教の「メノーラー」(写真14)になる「生命の樹と水」の表象から、「生命の水」が流れ、足下のライオンに命を与えています。写真(1)円筒印象印影に多くの動物が描かれているのと同じ概念である事が解ります。つまりアナトリア地方で強く表れる「ヴィーナス(生命の誕生)」からの影響で「平衡の水」から「生命の水」の概念が生れていることが確認できます。「エフェソスのアルテミス」の概念も写真(1)の「手(水)の光背」から生まれていたのです。「千手観音」の「千手」と同じように、「エフェソスのアルテミス」の多数の乳房の意味がこれでよく解ります。

 

f:id:blogwakujewelry:20191017211251j:plain

(12)

 

f:id:blogwakujewelry:20191113220339j:plain

 (13)

 

れています

 円筒印章 東京美術

 

f:id:blogwakujewelry:20190901180939j:plain

(14)様々なメノーラー;File:V03p532001 Candlestick.jpg

 

 

© 2019 JOJI WAKU Blog. All rights reserved.