形而下の文化史

表象文化史・ジュエリー文化史・装飾文化史

 

トピックス(8)ズールーの概念と貝の文化(20)

 

「イシュタアル」の表象(3)

新たな発見-雨による平衡の女神のポーズから解ること・バルカン半島(4)

「Sesklo culture」と「Dimini culture」

 

 

共同体のような部族社会だったバルカン半島に、「力と富による権力構造」を持った部族が現れたのはBC5,000年頃です。そしてその部族はBC4,400年頃「Sesklo culture」を破壊を持って終焉させています。一般にその部族の文化が,「Sesklo culture」のすぐ近くに起こった「Dimini culture(BC4,800~4,500年頃)」だと言われています。しかし、「Dimini culture」の表象や考古学的遺物を見ると、全く違った結論が出てきます。「鳥の神格」が現れる直前のバルカン半島も「Dimini culture」の表象から見えてきます。

 まずは「Dimini culture」の神像と以前に紹介した「Sesklo culture」の神像を見比べて下さい。

 

f:id:blogwakujewelry:20181010072153j:plain

(84・a)母子像・Dimini culture、BC4,800~4,500年頃;古ヨーロッパの女神

 

f:id:blogwakujewelry:20181010072320j:plain

(84・b)母子像・Dimini culture、BC4,800~4,500年頃;chronos/01

 

まずこの女神像はその構成から、「Sesklo cultureの男神像」をモデルに作られている事が解ります。そして、全身を覆う文様は胸の「渦巻」が広がった表現だと解ります。

「渦巻」の表象(参照)は「生命の誕生」であり、子供を抱く姿と一致しています。つまり、この神像は「ヴィーナス像」なのです。

そして彼らの代表的な遺物に「土器」と「貝製品」があります。

 

 

f:id:blogwakujewelry:20181010072410j:plain

(85)男神像・Sesklo culture,BC6,000年頃;古ヨーロッパの女神

 

写真(86)・(87)の土器を見ても「雨粒」が見えたり、「ズールー部族の盾」あるいは「旧石器時代の女陰」(写真(87)の土器にはこの表象の「切り込み」があります。そうすると「女陰」の可能性が高くなります。これも「出産」に繋がります。)に「雨」や「雲」を表す「ジグザグ線」を入れています。「雨」を表す「平行線」をバンドのように描いていますが、これまで見てきた「雨の表象」とは違和感があります。「渦巻」だけは明確な概念を示しています。「ヴィーナス像」に繋がる「渦巻」、「女陰」を軸に「雨」や「雲」を取り入れて装飾的、包括的な土器になっています。

「貝製品」を見ても彼らは「巻貝」(参照)を「渦巻」の具現物として大切にしていたと思われるのですが、「 shell of Spondylus 」(参照)のような「二枚貝」(参照)の製品も見つかっています。これもまた地中海海洋民から取り入れています。つまり「土器」と「貝製品」はバルカン半島をはじめとする近隣部族との交易のために作られていたと考えられるのです。このような製品作りは「Dimini culture」の西方、北方で「ドナウ川」までの「Vinca culture(BC5,700~4,500年頃)」でも確認されています。

まとめると、「Dimini culture」の部族は「オーリニャック文化」期の新人(ホモサピエンス・サピエンス)(参照) の子孫(Y・haplogroupC1a2 )で「渦巻き=生命の誕生=巻貝+オーカー」の表象を大切にしていたようです。バルカン半島に北アフリカやアナトリアの部族が現れるとその影響を受け、文化を発達させ、同じ系列の「Vinca culture」そして北方に現れた「マグダレニアン期の部族」や「地中海海洋民」と交易をしていたようです。彼らは「Sesklo culture」と共存していたと考えるべきで、「Sesklo culture」の破壊は共同体のような部族社会だったバルカン半島に現れた別の部族を考えるべきです。

そもそも「Vinca culture」も「Dimini culture」も一体だったバルカン半島の古い住人と考えるべきで、そのなかで「Dimini culture(BC4,800~4,500年頃)」と呼ばれる所以は、その特徴的な砦のような石積の小集落にありますが、そのような石積や環濠を作らなければならなくなったBC5,000年頃のバルカン半島の状況を考えるべきです。

それはBC5,000年前から始まります。

 

 

f:id:blogwakujewelry:20181013210945p:plain

(86)Dimini pottery;NATIONAL ARCHAEOLOGIAL MUSEUM OF ATHENS

 

f:id:blogwakujewelry:20181014111910g:plain

(87)Dimini pottery;chronosu/01

 

f:id:blogwakujewelry:20181014151827j:plain

(88)Dimini settlement;odysseus.culture.gr

 

f:id:blogwakujewelry:20180909212958j:plain

(83)Late Cucuteni culture,w Ukraina ;c 3,800~3,600BC

        The Language of GODDESS

 

f:id:blogwakujewelry:20180909163001j:plain

(79)Vinca culture,nw Bulgaria,painted on the wall of Magurata cave (NW.Bulugaria)

           chronology unknown

          THE LANGUAGE OF THE GODDESS;Marija Gimbutas

          (女神ポーズの強制)

 

f:id:blogwakujewelry:20180909220638j:plain

 

© 2015 WAKU Jewelry Making Co., LTD. All rights reserved.