読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

形而下の文化史

表象文化史・ジュエリー文化史・装飾文化史

 

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(19)       

ETRURIA(エトルリア)の民族(3) (34)ETORURIA蛇の頭部のある銀のレベス:BC7世紀第一四半期 パレストリーナ、コロンベッラ、墓地、ベルナルディーニの墓、イタリア (39)写真(35)ETORURIAパテラ(拡大) 黄金伝説展(18)に続き、展示品・写真(35)パテラ(エト…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(18)       

ETRURIA(エトルリア)の民族(2) (35)ETORURIAパテラ 銀、鍍金;パレストリーナ、コロンベッラ墓地、ベルナルディーニの墓、イタリア(BC7世紀第一四半期 「写真(34)蛇の頭部のある銀のレベス」と同じ墓からの展示品です。共通するものなので、同時に見てみ…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(17)       

ETRURIA(エトルリア)の民族 (33)ETORURIA金製イヤリング、水晶、マラカイト;ヴルチ、イタリア(BC6世紀末~BC5世紀初頭) 写真(22)横たわるシレノスが表された飾り板;ヴィニャネッロ、クーバ墓地、第七号墓、イタリア(BC480年頃)と同じイタリア・ラツィオ…

トピックス(3)奈良五條・念仏寺「陀陀堂の鬼はしり」

修正鬼会(1) (1)「陀陀堂の鬼はしり」鬼面;市立五條文化博物館所蔵(撮影/製作;和久譲治) 2016年1月14日、昼、奈良県五條市念仏寺に着きました。実は「五條・念仏寺」について、詳しいことは知りません。「修正鬼会」を先入観を持たずに見て、「鬼とは…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(16)       

懸魚(けぎょ)と野ブドウ (29)六所神社;千葉県夷隅郡;88px×31px 神社建築の「懸魚」が三ノア文明・「生命の樹」であることは、黄金伝説展(10)・写真(20)ミノア文明、ミケーネ文明、石刃(石包丁)・形而下の石スケッチ(和久譲治)をご覧頂くと良く分か…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(15)       

シレノスの正体と野ブドウ (22)ETORURIA;横たわるシレノスが表された飾り板(拡大) ;ヴィニャネッロ、クーバ墓地、第七号墓、 イタリア(BC480年頃) (22)横たわるシレノスが表された飾り板;星形・五弁花(拡大) ひとつひとつ精査していきましょう。黄…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(14)       

カーネーションとチーリップ、シルフュームの融合(Rhodian periods) (22)ETORURIA;横たわるシレノスが表された飾り板;ヴィニャネッロ、クーバ墓地、第七号墓、 イタリア(BC480年頃) (22)ロゼッタ・カーネーション(拡大) (23)[Boteh]ブローチの花;洋…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(13)       

エトルリア 「黄金伝説展・古代地中海世界の秘宝」の展示品は本当に奥深い。その表象には埋もれたり、隠されたりした歴史の事実が浮かび上がります。この展示品にも長い説明が必要なようです。表象と歴史が複雑に入り組んでいます、双方からの精査が必要です…

「洋彫り」と「Stone Setting](1)

(1)[Boteh]ブローチ;白蝶貝、胡蝶貝、ダイヤモンド、サファイア、エメラルド、パライバトルマリン、スピネル、18金製;Petit Fiori ・和久譲治 クリスマスにふさわしい、可憐で華やかな(自分で言います。お許しを)作品とStone Setting(石留め)を紹介しま…

「羽子板、扇」が導いたこと(19)酉の市

氷川神社と高畑大鷲神社 (1)「CONCARENA]イタリア・「夜明けのゴルゴン」(参照);和久譲治製作 (2)社紋;扇に日の丸・高畑大鷲神社 (2)社紋;扇に日の丸・高畑大鷲神社 (3)「Chevron(Cheveron仏古語)」された石刃(石包丁)表象と鶏頭(拡大) (3)Impasto…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(12)       国立西洋美術館

エレトリアの工房まとめ (19)金製ネックレス;エレトリア(BC500年~BC475年) (19)金製ネックレス(拡大) (12)金製イヤリングの表象が出揃ったところで、エレトリア工房からの展示品をまとめてみようと思います。幸い、BC500年~BC475年の作品もありますの…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(11)       国立西洋美術館

(16)金製イヤリング(拡大) (16)金製イヤリング;エレトリア、エヴィア島、ギリシャ(BC475年~BC450年) いよいよ最後の表象です。(16)金製イヤリングの下部、「豊饒の大地」に鎖でぶら下がっている「ホタテ貝」。このおまけみたいな表象はこれまで多くの…

トピックス(2)世界のヒョウタン展・国立科学博物館

(1)百目鬼;栃木県、日本 民族植物学を専門にされている、湯浅浩史氏が収集された「世界のヒョウタン展」に行く時間がやっと取れました。もっと早く行くべきでした。今月の6日(日)までなので、とりあえず、急ぎ報告します。時間の許す方は是非見て下さい…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(10)       国立西洋美術館

(21)Relief fresco;Island of Peseira,north of CreteBC2,000年期中庸 Pennsylvania University Museum;Prehistoric textile by E.J.W.barber (展示品ではありません) (22)Stele Grave Circle A;BC1500年 National Archaeological Mueum(Ethniko Archeolo…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(9)       国立西洋美術館

(17)金製イヤリング;エレトリア、エヴィア島、ギリシャ(BC475年~BC450年) (17)金製イヤリング;エレトリア、エヴィア島、ギリシャ(BC475年~BC450 (20)ミノア文明、ミケーネ文明、石刃(石包丁)・形而下の石スケッチ(和久譲治) (17)金製イヤリングの下…

トピックス(1)日本銀行金融研究所・貨幣博物館

徳川家康の分銅金(小分銅) (1)「桐」刻印・分銅金(小分銅);CURIO 190号 フジインターナミント株式会社 2015年11月20日、貨幣博物館がリニューアルオープンしましたので、早速、足を運びました。写真(2)Razor(Final Bronzu age)のようにイタリア半島…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(8)       国立西洋美術館

(17)金製イヤリング;エレトリア、エヴィア島、ギリシャ(BC475年~BC450年) イヤリング上部の柘榴花は花弁が「Chevron(Cheveron仏古語)」紋となり、ガク片の中に一個の種子を持つ。この女性が「柘榴・生命の樹の女神」であることを表象しています。それにも…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(7)       国立西洋美術館

(16)金製イヤリング;エレトリア、エヴィア島、ギリシャ(BC475年~BC450年) (14)エヴィア島;WIKIPEDIA BC1,100年頃、インド―ヨーロッパ語族・ドーリア人の南下による混乱の暗黒時代が過ぎた頃より、エヴィア島のイオニア人(アナトリア西南部・イオニア地…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(6)       国立西洋美術館

(12)金製イヤリング;エレトリア、エヴィア島、ギリシャ(BC475年~BC450年) この作品が作られた歴史的な意味に近づくには、征服側の神話に頼ることは出来ません。BC475年~BC450年前後におけるエレトリアの時代背景を調べ、作品の「表象」を調べ、同時代の他…

「羽子板、扇」が導いたこと(18)酉の市 ;氷川神社

花畑大鷲神社;酉の市 「酉の市」と「氷川神社」のルーツを探りながら、地中海文化圏まで至りました。 折しも「黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝 国立西洋美術館」が始まり、数多くの「形而下に石」が展示されています。そして、一つ一つを精査する中で多く…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(5)       国立西洋美術館

BC508年クレイステネスの改革(陶片追放)により、アテネでは貴族制、僭主政治から脱却し、アテネ民主制のもと約70年の繁栄の時を迎えます。(ギリシャではなく、ポリスとしてのアテネです。)(8)の砂岩製女神アフロディテの頭部はそのアテネ民主制繁栄の…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(4)      国立西洋美術館

今回の展示品のなかで「表象、文様」の変遷において、非常に重要なものがミケーネ文化の「金製円形飾り板」です。地中海文化圏ではBC5,000年頃に、「羽子板、扇」が導いたこと(12)・写真(7)「Chevron(Cheveron仏古語)」、「Me'andre(Meander(英)」の土…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(3)      国立西洋美術館

(4)金製イヤリング;BC650年~BC625年・Argos,Greece (3)金製腕輪;チエルウェテリツルボ墓地、レコニリーニ、・カラッシの墓、イタリア、この図案の意味は、今回の展示品の中にありました。(4)金製イヤリングを見て下さい。ライオン(フェニキュアの工芸品は…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(2)      国立西洋美術館

黄金伝説図録写真解説 (3)ETORURIA金製腕輪;チエルウェテリツルボ墓地、レコニリーニ、・カラッシの墓、イタリア BC675年~BC650年 (2)と同じく石刃表象、「Chevron(Cheveron仏古語)」と「Me'andre(Meander・英)」に囲まれた長方形の大地に は、生殖の女…

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(1)      国立西洋美術館   

黄金伝説図録写真解説 氷川神社に関する「形而下の石」を探すなかで、「羽子板、扇]が導いたこと(16)で行き着いている地中海文化圏。その展覧会が始まりました。早速見てきました。ひとつ気になったのは、インド・ヨーロッパ語族南下による地中海文化の断…

「羽子板、扇」が導いたこと(17)酉の市 ;氷川神社

川越氷川神社の神幸祭 今年の写真は良くできていますね。三番叟の前面に稲荷神の使い・狐、豊饒大地神の化身・獅子、「おかめ顔」は「ダルマ」、「瓢箪」と同じ、熊手の中心にいる・豊饒の石刃。川越氷川神社の境内には八坂神社(旧牛頭天皇社)が明治5年か…

「羽子板、扇」が導いたこと(16)酉の市 ;氷川神社

(1)フンババ;BC1,700頃・大英博物館所蔵 各種資料より和久譲治製作若干の違いあり (2)フンババ;BC1,500頃・ルーブル美術館所蔵 遠藤孝秀氏撮影;個人的ページ:目次) (3)フンババ(中央)BC10世紀・新ヒッタイト・カルケミシュ出土・大英博物館所蔵 遠藤…

「羽子板、扇」が導いたこと(15)酉の市 ;氷川神社

「磐船」 (1)福岡県・西小田遺跡出土(弥生時代中期) 江南地域・古代中国人と同じ歯を持つ頭骨 日本人の起源;中橋孝博・講談社(推薦本 ) (2)雄牛・人面の神;シリア・エブラの宮殿より出土(BC1,700年頃) アレッポ国立博物館蔵:ARCHEO・メソポタミア;N…

「羽子板、扇」が導いたこと(14)酉の市 ;氷川神社

(1)「チューリップの女神(テラコッタ)」:sesklo,Greek(BC6,000) The language of the godess;Thames & Hudson Marija Gimbutas (2)たミミズク土偶;埼玉県鴻巣市;滝馬室遺跡 東京国立博物館所蔵 「狛犬」に関しては、またまた驚きの事実が隠されていま…

「羽子板、扇」が導いたこと(13)酉の市 ;氷川神社

氷川神社で「鬼」を探す。 (1)神楽殿;飛雲と伴に現れた鬼獅子 (2)額殿;氷川連の名前、そして飛雲と伴に現れた鬼獅子。 (3)天寿国繍帳残欠:中宮寺蔵 正倉院裂と飛鳥天平の染織;松本包夫著(紫紅社□じゅらく) (4)獅噛連珠円文刺繍 正倉院裂と飛鳥天平の…

「羽子板、扇」が導いたこと(12)酉の市 ;氷川神社

「豊饒の女神」誕生 (1)Late Stone Age artefacts from the Armstrong Collection from Bambata,Zimbabwe Catalogue of Stone Age Artefacts from SouthernAfrica in The British Museum (2)縄文土偶ガイドブック;新泉社(推薦本 ):土製円盤・黄金餅型土器…

「羽子板、扇」が導いたこと(11)酉の市 ;氷川神社

((1)Late Stone Age artefacts from the Armstrong Collection from Bambata,Zimbabwe Catalogue of Stone Age Artefacts from SouthernAfrica in The British Museum (2)後氷期初頭(BC!万年)の文化伝統 <ビジュアル版>世界の歴史「文明の誕生」講談社 …

「羽子板、扇」が導いたこと(10)酉の市 ;氷川神社

(1)Razor;Final Bronzu age Prehistoric Metal Artefacts From italy(3500~720BC) in British Museum(推薦本 ) (2)石包丁形式別分布図 <ビジュアル版>世界の歴史「文明の誕生」講談社 (3)Late Stone Age artefacts from the Armstrong Collection from …

「羽子板、扇」が導いたこと(9)酉の市 ;氷川神社

天寿国繍帳残欠:中宮寺蔵 正倉院裂と飛鳥天平の染織;松本包夫著(紫紅社□じゅらく) C(中段左) 獅噛連珠円文刺繍 正倉院裂と飛鳥天平の染織;松本包夫著(紫紅社□じゅらく) ミミズク土偶;埼玉県鴻巣市;滝馬室遺跡 東京国立博物館所蔵 氷川神社の境内に…

洋彫りと和彫り(2)

(1)Petit Fiori(プティフィオリ)ブランド設立以前作品:和久譲治 Silver,パリ50‘sヴィンテージガラス (2)洋彫り(engraving) 金鎚(小さいハンマー)で叩いて進む「和彫り」のタガネには切断刃の下に「下刃」をつけています。スムーズに前進さ…

洋彫りと和彫り

Petit Fiori(プティフィオリ)和久譲治x和彫り;銀,ピンク貝、紫貝、ホワイトトパーズ 日本橋三越限定品(秋のプロモーション;9/9~9/23;本館一階アクセサリースペース) JAPAN「和」をテーマに取り入れるMI企画により完成したブローチです。ジュエリーです…

ユリとバロックを彫りながら

Petit Fiori(プティフィオリ)和久譲治 ;ユリとバロック(1) ;18K,ダイヤモンド(ローズカット、バゲットカット)、ロードクロサイト、白蝶貝 Petit Fiori(プティフィオリ) ;ユリとバロック(2) Petit Fiori(プティフィオリ) ;ユリとバロック(3) Brea…

Jugendstil(ユーゲントシュティール);青春様式

ブログ用アイコン写真の懐中時計です。何人かの人に聞かれましたので、ご紹介します。1988年プラハ(チェコ共和国)で買い求めた「Jugendstil(青春様式)」の「エナメル金彩」と「Painted enamel or LImoges]が美しい、装飾時計です。1993年、「プラハの春」…

「羽子板、扇」が導いたこと(8)酉の市 ;氷川神社

B(上段左)天寿国繍帳残欠:中宮寺蔵 つづいて上段左は、ゾロアスター教徒にもバラモン僧にも付き添晴れることなく、召喚された女神です。解り易い表象が二つ、「杵を着くウサギがいる 月」、そして「亀」。「亀」は誰が見ても、生殖表象が具象化したことが…

「羽子板、扇」が導いたこと(7)酉の市 ;氷川神社

天寿国繍帳残欠:中宮寺蔵 正倉院裂と飛鳥天平の染織;松本包夫著(紫紅社□じゅらく) A(上段右) B(上段左) C(中段左) D(中段右) 門外漢の私がバラモン教について調べた時、一番解り易かった本があります。「世界の名著 バラモン教典;責任編集・解説長…

「羽子板、扇」が導いたこと(6)酉の市 ;氷川神社

ガリシア州(スペイン);ランボ海岸(ポルトガル) Steinzeit Astronauten;Reinhard Habeck著 本殿正面には「見沼」の名残りと言われている「神池」があります。この「見沼」の「水神」が最初に祀られた神だと言われています。「神池」と「ひょうたん池」には…

「羽子板、扇」が導いたこと(5)酉の市 ;氷川神社

仮題;「大地と豊饒」:Prehistoric Metal Artefacts from Italy(3500~720BC) in the British Museum Research Publication 「木の葉を隠すなら森の中」 氷川神社は一見、神社のデパートの様に複雑に見えます。長い歴史を生き抜く手法として、古きを頑固に捨…

「羽子板、扇」が導いたこと(4)酉の市 ;氷川神社

ミミズク土偶;埼玉県鴻巣市;滝馬室遺跡 東京国立博物館所蔵 尖石;宮坂英弌著:画家宮坂春三氏、大正11年尖石遺跡で発見;東京大学理学部研究室所蔵 ETRUSCAN TERRACOTTA;GORGON WWW ou.edu.ETRUSCAN ART 浅草「長國寺」酉の市:熊手ミュージアム 2008年 …

「羽子板、扇」が導いたこと(3)酉の市

青山浅田の五段弁当; 一皿の組合せ 2015.7.16 徳川家康と「酉の市」のを結ぶ表象繋がりは、少し解りかけてきました。しかし、どのようにそれらが江戸に持ち込まれたかについては、まだ解りません。 そこで、「花園神社縁起」をもう一度精査したいと思います。…

「羽子板、扇」が導いたこと(2)酉の市

別府熊手商会HPより 尖石;宮坂英弌著:画家宮坂春三氏、大正11年尖石遺跡で発見;東京大学理学部研究室所蔵 三菱マテリアルとコロワイドの株主優待 黄金餅 G-callclubサロン お取寄せ黄金餅 精華堂あられ総本舗;黄金餅セット 縄文土偶ガイドブック;新泉社:…

表象文化史 「羽子板、扇」が導いたこと

羽子板、朝顔、ほうずき、熊手、花菖蒲 「羽子板、扇」の表象は縄文の八ヶ岳に結びつきます。 そのことは確かなのですが、同じ表象の、「形而下の石」をスケッチしてるうちに、「アレ?」となりました。上のスケッチを見ればお解りのはずです。後述する花菖…

ジュエリー文化史 パリの中世リバイバル;まとめ

(1) Petit Fiori(プティフィオリ)和久譲治;green garnet ;pipe claw setting ring; (2) (3)pipe claw settin1800's初頭 (1)の私が作った指輪の石留めは、(2)つまり、(3)の中心部分と同じ石留めです。ナポレオン時代の「cannetille]に使われたpipe claw …

タイトルへの思い

デザイン、製作・和久譲治;18k、ダイヤモンド、サファイア、ひすい、白蝶貝 表象文化史、装飾文化史、ジュエリー文化史の記事を書くツールをHPからblogに変更するにあたり、タイトルを[形而下の文化史]にしました。十年以上楽しく考えてきた文化史は、「表…

ジュエリー文化史: パリの中世リバイバル

現在開催中の、2014年春の「日本橋三越アクセサリーサロン販売会」に面白い「石留め」を用いてみました。パリでフランス第一帝政期に使われた「石留め」です。ジュエリー史などでは、19世紀半ばのイギリスの「歴史主義」「考古学主義」「中世リバイバル」な…

ジュエリー文化史:Stone Setting (石留め)

ジュエリーに興味をお持ちの方が必ずなさる質問に「ヨーロッパと日本の石留めは違うのですか?」があります。また彫金をある程度経験された方からも「カルティエやブルガリみたいな雰囲気にならない。何故なのか?」と聞かれます。このことはジュエリー他社の…

© 2015 WAKU Jewelry Making Co., LTD. All rights reserved.