形而下の文化史

表象文化史・ジュエリー文化史・装飾文化史

 

-05-10 トピックス(9)「イシュタル」の表象(3-12)

 

 

イシュタルの手(3)

イシュタルの舟から藁龍へ
大河内神楽(宮崎県・椎葉神楽)・柴荒神とディオニュソス(2)

 

f:id:blogwakujewelry:20200524181723j:plain

 (44)大河内神楽の「面棒」を手に舞う「柴荒神」;別冊太陽・祭礼、平凡社

 

 

f:id:blogwakujewelry:20200524182201j:plain

(45)「イシュタルの手」の変容;和久ノート

 

f:id:blogwakujewelry:20190910155743j:plain

(3)円筒印象印影、手に「生命・復活の水の容器」と「生命の樹」の表象」を持つイシュタル、ラルサ、イラク、BC1,834~1823年;円筒印章 東京美術(参照) 

 

 

f:id:blogwakujewelry:20191017211046j:plain

 (11)イシュタルの円筒印象印影、古バビロニア時代;円筒印章 東京美術

            (参照・2)

 

 

f:id:blogwakujewelry:20180729170339j:plain

(60)拡大

 

f:id:blogwakujewelry:20180715220513j:plain

(60)Burney Relief・イシュタル、メソポタミア文明;wikipedia(参照)

 

 

f:id:blogwakujewelry:20200525154424j:plain

 (46)戸下神楽(諸塚神楽)宮崎県東臼杵郡諸塚村戸下

   番付「岩戸」下の春日大神。両手の指を交互に合わせて印を組み、念じながら天照大神を招き出す。;別冊太陽・祭礼、平凡社

© 2019 JOJI WAKU Blog. All rights reserved.