形而下の文化史

表象文化史・ジュエリー文化史・装飾文化史

 

トピックス(9)「イシュタル」の表象(3-27)

 

アスクレピオスの杖とイシュタルの表象

 

f:id:blogwakujewelry:20201108173528j:plain

(79)ギリシャ神話に登場する名医アスクレピオス  wikipedia

 

 蛇

アスクレピオスの杖」は医療・医術の象徴として、現在も使われている「イシュタルの表象」です。「Supe'rieur(13,500BP~12,000BP)」・上部マグダレニアン文化(参照)に、焼き尽くされた大地が(参照)「雨」によって蘇るのを見た新人(ホモサピエンスサピエンス)は「火」と「雨」による「平衡(バランス・調和)」(参照)と言う概念を持ち、「平衡の表象」として「V・Cheveron」(参照)を生み出します。

「V・Cheveron」は様々に組み合わされ、「+」や,「V」を連続させた「ギザギザ線」になります。日本の「縄文土器」にも「Cheveron・ギザギザ線」はよく現れています。そして、「Supe'rieur(13,500BP~12,000BP)」・上部マグダレニアン文化期「に生み出された「雨による平衡の女神」も、文化の東への伝播期に、「V・Cheveron」で表されるようになります。(参照)

「Cheveron・ギザギザ線」がコーカサス地方アナトリア地方に伝播したとき、「Cheveron・ギザギザ線」を、同じ「平衡のシンボル」として「蛇」に見立てることが起こります。同時に「蛇」は「平衡の女神イシュタル」を表すシンボルになっています。

やがて、「ぶどう栽培」、「蛇」、「イシュタル」とともに、アナトリア地方からクレタ島に渡った人々は、「ミノア文明」を花開かせていきます。最初に、クレタ島の聖なる山頂に降り立ったイシュタルは、「杖」を手にした姿で描かれています。(参照)

 

 杖

 

f:id:blogwakujewelry:20200608140022j:plain

 (47)クレタ島に降臨したイシュタル(写真45参照)

   ディオニューソス;カール・ケレーニイ著、岡田素之(訳)、白水社

 

f:id:blogwakujewelry:20190901164122j:plain

(1)円筒印象印影、イラン、テペ・ヤヒヤ北方シャハダート出土(BC2,770年頃);円筒印象印影、(参照)

 

f:id:blogwakujewelry:20190910155743j:plain

(3)円筒印象印影、手に「生命・復活の水の容器」と「生命の樹」の表象」を持つイシュタル、ラルサ、イラク、BC1,834~1823年;円筒印章 東京美術

 

f:id:blogwakujewelry:20180729170339j:plain

(60)拡大

 

f:id:blogwakujewelry:20180715220513j:plain

(60)Burney Relief・イシュタル、紀元前1800年 - 紀元前1750年頃の物と推定。イラク南部出土。テラコッタ製。メソポタミア文明wikipedia

 

 

f:id:blogwakujewelry:20201126162353j:plain

(80)ライオンの頭ををした鷲が、鹿の上に載って描かれている銅板;テル・アル・ウバイド出土、BC3,000年頃   ARCHEO メソポタミア

 

f:id:blogwakujewelry:20201126164209j:plain

(81)ラガシュのエアンナトゥム王の戦勝記念碑「ハゲタカの碑」、BC2,450年頃;パリ・ルーブル美術館蔵  ARCHEO メソポタミア

 

f:id:blogwakujewelry:20191017211251j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2019 JOJI WAKU Blog. All rights reserved.