形而下の文化史

表象文化史・ジュエリー文化史・装飾文化史

 

トピックス(9)「イシュタル」の表象(3-26)

 

 

「蛇」を飼う文化(3)ミノア文明とアテナ,そしてイシュタルの表象「フクロウ」

 

 

 パルテノン神殿で蛇が飼われていたのは、広く知られた史実です。女神アテナ(アテーナー)を「蛇の女神」と呼ぶ者もいます、(参照)

 確かに女神アテナ(アテーナー)は、古代彫刻や壺絵に「蛇」とともに表現されています。だが、「蛇の女神」と表現するとき、本質を見失うことになりかねません。「蛇」は「平衡」の表象に過ぎないのです。「表象の連続性」で歴史を見たときに、より鮮明に、「女神アテナ(アテーナー)」が理解できます。

そしてにギリシャ時代の女神アテナ(アテーナー)といっても、長いギリシャ時代(BC1,200~文化的にはBC323年アレキサンダー大王の病死頃まで)には、表現も神格も大きな変容がありますので、ひとまとめに語ることは避けなければいけないと思います。また神々の話になると、ギリシャ神話が持ち出されますが、そもそもギリシャ神話が体系的にまとまるのは紀元前9世紀から8世紀頃になりますので、神話に重きを置くことはできません。それは、「戸下神楽」(参照)で見られたように、日向で天照大神が生まれるまでと、そのことをベースに「古事記」が編纂された後とでは、神々に大きな変化が起きたことと同じです。ギリシャでも日本でも、神話成立以前の神々を見てゆくことが、史実に近づく方法だと考えます。神話とは、大きな時の権力の意向によって、作り替えられた文化であることが多いからです。

ギリシャの小高い丘の上(Wikipediaによれば、アテナ、ミケーネ、コリントス、テーバイ等)に女神の神殿が作られたのは、ミノア文明までさかのぼるようです。つまり、クレタ島でのイシュタルの降臨(参照)と同じことが起こっています。この時、イシュタルが手にしていたには「杖」で、「手・雨の表象」と「杖」と「腕」でつくる「✙・平衡」で「雨による平衡の女神」を表しています。イシュタルと蛇が強く結ばれるのは、ミノア文明の期間で、その原因はメソポタミアにおける変化があります。このことは、次の機会にします。ギリシャの小高い丘の上の女神が、当初手にしていたのが「杖」か「蛇」によって、正確な時間軸が作れます。考古学の発見があれば嬉しいところです。

写真(75)、 BC520年頃のアテナの彫像は「蛇」を持っています。この彫像は、頭の多数の「蛇」から見ても、写真(67)ミノア文明、諸宮殿崩壊後の時代(BC1,425~1,170年頃)のアテナである事が分かります。

 

f:id:blogwakujewelry:20201001171540j:plain

(75)パルテノン神殿、東側破風(はふ)のアテナの彫像、BC520年頃

    ARCHEO ギリシャ文明

 

つまり、ギリシャの小高い丘の上に女神(イシュタル)が降臨したのは、ミノア文明と同時期に、同じようなことが起こったか、またはミノア文明の影響が及んだかの、どちらかです。ミノア文明の影響を受けつつ、文化を発達させ、クレタ島の諸宮殿を崩壊したのち、ミケーネ文明 を築いたのですから、後者である確率が高いと思います。そうだとするとミノア文明において、「平衡」の表象として「✙」より「蛇」を重要視し始めたのが、新宮殿時代(写真64)ですから、ギリシャのアテナは最初から「蛇」を手にしていたことになります。それまでのバルカン半島諸文明は「✙(Cheveron)」か「水牛の角」、「V(Cheveron)」(参照1参照2)を1平衡」の表象として用いてきましたので、「蛇」は明らかにミノア文明のイシュタルの影響です・「ギザギザ線の蛇(Cheveron)」は主にアナトリアで使われています。バルカン半島諸文明は、「ギザギザ線」を単に「(Cheveron)の平衡」として使ってきました。ただ、同じ「平衡」の表象として、「ギザギザ線」を用いているので、「平衡」の表象として「ギザギザ線」から変容した「蛇」を受け入れることは、容易であったと思われます。

 「イシュタル」を「雨による平衡の女神」と「コーカサス地方の鳥妖精」、「生命誕生の女神・ビーナス」(参照)

の習合した女神 と考えるならば、バルカン半島諸文明の「鳥姿の雨による平衡の女神」は本質的に「イシュタル」と同じであることが分かります。

 このことを写真(76)アテナイテトラドラクマ銀貨」は証明しています。

 

 

f:id:blogwakujewelry:20200809144626j:plain

 (67)上げた両手と頭に蛇を持つ女神像、a shrine in Gorty in the Mesara in country     district  Crete, The Post -Palace Period(諸宮殿崩壊後の時代,

  (BC1,425~1,170年頃);Ancient Crete, T&H

 

 

f:id:blogwakujewelry:20200809144503j:plain

 (64)(大)蛇をぐるぐる巻きにした神像、帽子の上には鎌首をもたげた蛇。(参照)

         (小)蛇 を両手に持ち、帽子の上にヒョウがいる神像。クノッソス宮殿(新宮殿j  時代BC1,700~1,450年頃)、クレタ島イラクリオン博物館

           蛇と十字架;安田吉憲 人文書院

 

アテナイテトラドラクマ銀貨」には女神アテナjのシンボルとしての「フクロウ」が描かれています。「フクロウ」は「雨による平衡の女神」が誕生した頃から、雨粒の目を持つ鳥として、「雨による平衡の女神」のシンボルになっていました。やがて、マグダレニアン文化(参照) の東進によって、東ヨーロッパ、バルカン半島にもたらされます。このことと、バルカン半島で起こった、「コーカサス地方の鳥女神」との出会いと融合については、次の章にしましょう、話が長くなります。

むしろ東ヨーロッパ、バルカン半島では、「雨による平衡の女神(shevron)」と「ヴィーナス(渦巻)」との融合が起こったことが、重要かもしれません。

銀貨のj話に戻ります。「フクロウ」と供に、四つの表象が見られます。「フクロウ」の神性(アテナの神性)です。「△ 女神」、「〇 雨粒」、「下向きのE  雨」、「☽ 水牛の角・平衡」です。最初の三つはマグダレニアン文化から、「☽ 水牛の角・平衡」はコーカサス地方からの表象です。(参照・Varna cultrureの黄金)

 つまり女神アテナは古くからの、バルカン半島の「雨による平衡の女神」でもあるのです。

 

f:id:blogwakujewelry:20180306202723j:plain

(15)洞窟壁画とヴィーナス像の分布;分明の誕生 江坂輝彌 大貫良男

(参照)

 

f:id:blogwakujewelry:20180318172802p:plain

(22)「マグダレニアン( Magdale'nienne) 文化」の領域Wikipedia

 ((参照) )

 

 

 

(76)アテナイテトラドラクマには、表面(左)にはアテーナーの頭部が、裏面(右)にはアテナイのポリスを象徴するフクロウとオリーブの小枝と三日月が刻印されていた。

 uikipedia

 

 

f:id:blogwakujewelry:20201003101405j:plain

(78)アテナイテトラドラクマ

ARCHEO ギリシャ文明

 

 

f:id:blogwakujewelry:20180715220513j:plain

(60)Burney Relief・イシュタル;wikipedia

 

© 2019 JOJI WAKU Blog. All rights reserved.