形而下の文化史

表象文化史・ジュエリー文化史・装飾文化史

 

Chalcolithic(金石併用時代)ー1-6

 



Maykop culture 黄金の文化(3)

テラスの造成(段々畑のルーツ)

 

 

(1)Camonica Valleyの岩絵;CAMONICAVALLEY Emmanuel Anati KNOPP

 

前章でMaykop cultureでの石積テラスの出現と灌漑は、飛鳥時代の「亀形石造物」と「酒船石」と表象的に繋がりがある事を説明しました。そこで思い出したのがCamonica Valleyの岩絵に描かれた灌漑の岩絵でした。

北イタリア、Brescia地方のvalcamonicaには旧石器時代から面々と岩絵が彫られていました。ところがBC3,500頃に新しいタイプの岩絵が現れます。

BC3,000年頃に「Maykop culture」を北スラブの騎馬民族が征服したこととの時間軸を考えても、侵入が始まった頃にMaykop cultureの一部の部族がこの地に移動したことが考えられます。何故なら、その岩絵に現われたのは車輪、ワゴン、冶金、牛そして灌漑だからです。同じくしてCamonica Valleyは銅器時代から青銅器時代に移ります。

valcamonicaの文化を見ることは、Maykop cultureを知ることにも繋がるのではないでしょうか。

 

(2)Camonica Valleyの岩絵;CAMONICAVALLEY Emmanuel Anati KNOPP

 

 

(3)ローザ・カムーナ;和久ノート

 

そしてまたvalcamonicaに移動したMaykop cultureの部族は、現地の人々(カムナ人)に比して少数だったのではないでしょうか。以後の岩絵にも写真(3)のローザ・カムーナ(雨による平衡・女神)や長方形のオブジェ(輝く雨・羽子板や短冊のルーツ)など 上部(後期)マグダレニアン(Supe'rieur Magdale'nienne)文化の表象(参照)が多く現われています。

 

 

(4)Camonica Valleyの岩絵;CAMONICAVALLEY Emmanuel Anati KNOPP

 

家屋の形も上部(後期)マグダレニアン(Supe'rieur Magdale'nienne)文化の「平衡」の表象に建てられていることが解ります。そして木造です。しかしここにもたMaykop cultureの影響が見られ、融合したその形は日本の神社の形に受け継がれています。二つの文化は影響しながら並立したようです。両者の神聖視した表象が岩絵に現れ、融合もしているのです。神聖な家屋の上に立ち上がった後光のようなものが融合の表れです。説明しましょう。

 

(5)

 

(6)

写真(5)は岩絵の戦闘場面に良く表れる神「ゴルゴン」の姿です。後にエトルリアでも神になり、ギリシャではアテナ女神に置き換えられる蛇の女神です。「ゴルゴン」の誕生はMaykop cultureの部族と現地の人々(カムナ人)の、神聖視する物の融合から起こったようです。「ゴルゴン」はこの地で生まれました。なぜこの姿になったのか。少しアルプスを下った町の名前がヒントになります。「ゴルゴンゾーラ」です。

 

f:id:blogwakujewelry:20151208233200j:plain

 (7)CONCARENAの(gorgonzora・ゴルゴンゾーラ)・「夜明けのゴルゴン」;製作和久譲治

gorgonzora(ゴルゴンゾーラ)はチーズで有名なミラノ北の街の名称です。「zora」はスロベニア語に残り、「夜明け」を意味します。

 

(8)和久ノート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2019 JOJI WAKU Blog. All rights reserved.